2012年2月28日火曜日

Plextor PX-128M3P

なかなかBlogの更新まで手が回らなくて申し訳ありません。
Plextorブランドの新製品「PX-128M3P」を購入したので、今回は、この製品のレポートを簡単にしたいと思います。

まず、この製品ですが、前作PX-128M3と物理的に何が異なっているのかよくわかりません。噂では、ファームウェアが異なるのみという話もありますが、実際のところどうなのでしょう?世の中には、A-DATAのS510とS511のようにNANDメモリの動作モード(非同期モードと同期モード)の違いで廉価版とそうでない商品を作り分けている場合もあります。コストが同じなのに敢えて作り分けているのには、何か理由があるのでしょうが・・・。

話がちょっとそれてしまいましたが、今回は、人気のCrucial m4との比較でPX-128M3Pの性能をチェックしてみたいと思います。PX-128M2PやPX-128M3との比較でチェックしろという方もいるかもしれませんが、両方ともに個人的に購入していません。このため、某雑誌でテストしたときの結果等を踏まえてコメントしていきます。PX-128M2P/M3の実際の数値に関しては、雑誌等で確認していただけたらと思います。

まず、定番のCrytal Disk Markです。結果は、以下の画面をみてもらえば、わかります。リードに関しては、ほぼ同等。ライトは、PX-128M3Pの方が高速といった感じです。ちなみに、PX-128M3は、シーケンシャルリードが200MB/.sec強にとどまり、4KBに関しては、リードライトともにPX-128M3Pとほぼ同等です。ただし、4KB QD32のときの速度は、PX-128M3Pの方が100MB/secほど速くなります。つまり、PX-128M3とCrucial m4はほぼ同等の速度で、PX-128M3Pは、それらよりもシーケンシャル速度が速い製品という感じです。


次に、PC Mark Vantage HDD Test Suiteの結果です。このテストでは、PX-128M3Pの方が、約2000ほどスコアが上です。僕の手元にある某雑誌のテスト結果では、PX-128M2P/M3でも、PX-128M3Pとほぼ同じぐらいのスコアとなっています。というわけで、このテストの結果は、Crucial m4よりも高いですが、PX-128M2P/M3からは、大きく変化していないということになります。


最後にIOMeterを使って、Secure Eraseを行った後に60分間4KBのランダムライト(QD32)を行った場合の書き込み速度の推移グラフとResponse Timeの推移グラフ及びMax Response Timeの推移グラフを作成したのでそれを掲載しておきます。

まず、速度推移のグラフですが、みての通り、ある地点で極端に書き込み速度が低下し、速度低下後は、ほぼ同じぐらいの書き込み速度のまま推移しています。このテストのように長い時間ランダムライトが継続すると、最終的に両者はほぼ同じ速度になるようです。加えて、PX-128M3PもCrucial m4と同じで、積極的に未記録エリアに書き込みを行う仕様となっていることがわかります。リビジョンが多少異なりますが、基本同じ設計のコントローラを両者ともに採用しています。未記録エリアを積極的に使う仕様は、コントローラの特徴なのかもしれません。

なお、速度低下した部分が、記録容量いっぱいに達した部分です。PX-128M3Pでは、約8分30秒ぐらいの地点、Crucial m4では、12分30秒ぐらいの地点がそうです。PX-128M3Pは、初期速度が270MB/sec。Crucial m4は、初期速度180MB/secと速度差があるため、速度低下が発生する地点が異なっています。


興味深いのは、Response Timeの推移グラフ及びMax Response Timeの推移グラフの比較でしょう。両者を比較するとわかりますが、平均的なResponse Timeでは、Crucial m4の方がわずかですが、低めとなっています。しかし、Max Response Timeは、逆の結果となります。Crucial m4の方が長めのResponse Timeが発生しており、最大値は、1700ms(1.7秒)とかなり長いResponse Timeが計測されてしまいました。これを見るかぎり、連続した書き込みが続く環境下では、Crucial m4は、PX-128M3Pよりも長いレイテンシが発生するようです。


Max Response Timeは、同じコントローラでもかなりの差がでていますが、これが、ファームウェアによるものなのかNANDメモリに違いによってでているものなのかは不明です。いずれにしても差があることは事実です。僕は、あまり大きなレイテンシは、よろしくないと思っているので、PX-128M3Pの方がよいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿