2010年6月15日火曜日

続、MX-DS

多忙だったため、しばらく放置プレイをしてしまいました。
申し訳ございません。

ちょっと時間があいてしまいましたが、前回レポートしたSandForce SF-1200採用のMX-DSを再度、使う機会がありました。そのときにファームアップと短時間ですが劣化試験を行ってみたのでその結果をレポートします。

まず、前回、SecureErase後に変な挙動を示したMX-DSでしたが、今回テストした製品では、そのような挙動は見られなかったことを最初に報告しておきます。ただし、SecureEraseは、ファームウェアを最新版に更新後、何度かベンチマークを取ったあとに行っています。そのため、最新のファームウェアで解消されたのか、それとも前回テストした機体固有の問題であったかは不明ですが、最新ファームウェアではSecureEraseを行っても問題はでないと思われます。

次に劣化試験ですが、ドライバーは、Trimの発行をサポートしているIntelのRapidStrageTechnology Ver9.6.0.1014を使い、いつもの劣化試験用の書き込みを行いました。結果は、グラフを見てもらえばわかるかと思いますが、SF-1500を搭載したG-Monster2 SFV1とは全く異なる挙動となっています。MX-DSの劣化状態の速度は、ランダムライトこそSecureErase後との比較で速度低下がみられていますが、シーケンシャルライト速度は、大きな変動が変動が見られていません。G-Monster2 SFV1では、初期の半分ぐらいまでライト速度が低下していたことを考えると大きな違いです。


また、Trim後の挙動についても多少変化が見られています。
MX-DSは、Trim後のテストでも完全にもとの速度まで回復していないものの多少の回復がみられています。 G-Monster2 SFV1のときは、シーケンシャルライトの速度が劣化状態のときと変化がほとんとなかったことを考えるとTrimの挙動にも変化が見られています。

これらの結果からも分かるように、MX-DSの最新ファームは、少なくともG-Monster2 SFV1の初期ファームとは挙動が異なるようです。SF-1200とSF-1500なのでコントローラの違いもあるとは思いますが、少なくとも僕がテストした限りでは、SF-1200を採用したMX-DSの方が、G-Monster2 SFV1の初期ファームよりもできがよいと感じています。個人的な感想をいわせてもらえば、SF-1500を採用したG-Monster2 SFV1も最初からこのレベルのファームウェアで製品が登場していたら、ずいぶんと印象が違ったのではないかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿