2010年1月10日日曜日

Kingston SNV125-S2/40GBの謎 その後HDDEraseでTrimに対応に

前回、SNV125-S2/40GBのTrim対応について書きましたが、検証してくださった方がいたようです。
その結果ですが、SNV125-S2/40GBは、HDDEraseでSecureEraseを実行するとTrim対応に変化するとのことです。詳細は、ここを参照ください。

このブログによると、SecureErase実行前のSNV125-S2/40GBは、IDENTFY DEVICEのWord169のBit0は、Trim非対応を示す「0」が設定されています。しかし、SecureErase実行後は、Trim対応を示す「1」へと変化するとのことです。

前回も書きましたが、Trim対応となったSNV125-S2/40GBのTrim機能は、正常に動作しているようにみえます。SNV125-S2/40GBの現在のファームウェアが、問題が発生し、Intelが一旦取り下げたファームウェアのバージョンであることに一抹の不安を覚えますが、Trim対応にしたい方は、HDDEraseを使って、SecureEraseを一度、実行してください。

HDDEraseは、ここで入手できます。
また、HDDEraseは、DOSで動作するソフトであるため、その使用にはSATAの動作モードの変更が必要です。BIOSの設定画面を起動し、SATAの動作モードを「Legacy」か「Compatible」に変更して作業してください。

最後に前回、Crystal Disk Infoのバグの可能性もあると書きましたが、Crystal Disk Infoには、全く問題はございませんでした。 関係者の方には、この場でお詫びいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿