2009年12月15日火曜日

Opti Drive Speed 1.44について

ブログ、久しぶりの更新です。
さて、仕事で表題のソフトを使用する必要があり、使ってみると、なんとBDのベンチでエラーが発生する。内容は、Create Test DiscによるBD-Rメディアの記録速度の測定です。再外周部付近でエラーでていることがわかるのだが、このエラーの原因がどこにあるのかが問題。原因を切り分けないと先に勧めないので、調査をしてみました。

最終的にソフトバスアナを使ってコマンドログを取ってみたところ、ソフトのバグと判明。記録してはいけないところまでライトコマンドを送っており、それでドライブからエラーが返っていた。

いつのころからあるバグなのかは不明だが、同じ人が作ったNero DiscSpeedは、問題なく動作している。とっととお直して欲しいものです。

とりあえあず、今回は、Opti Drive Controlの使用をやめ、Neroの体験版をインストールすることで使用できるNero DisSpeedにソフトを変更することで対処することにしました。

光ディスクも終焉を迎えているためか話題性が乏しくなっております。
そのせいかソフトの対応もだんだんと・・・。
困ったものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿