2009年12月31日木曜日

SSDにおけるTrimの効能

現在、国内で人気急上昇なパソコンパーツが、HDD以上の速度で使用できるメモリストレージ、SSD(Solid State Disk/Drive)です。そのSSDで今後標準サポートとなる機能に「Trim」と呼ばれる機能があります。たまたま、IntelのSSD(G2です)でこの機能をチェックできる機会があった(実は勝手にたくさんデータを記録してチェックしました)のでその効能をレポートしておきます。

まず、Trimという機能ですが、この機能は、OSが物理的に消去しても構わない論理アドレスをSSDに通知する機能です。機能的には、ただ情報(論理アドレス)を通知するだけで、受けとった側(SSD、正確にはNANDメモリコントローラ)は、これによって必ず何かを行わなければならないということはありません。極端な話、Trimの情報を受け取ったら、「情報、受け取ったよ」とだけ発信者(host)に返事をして、そのままゴミ箱直行でも問題はないというものです。

捨てても良い情報なのにTrimが話題になっているのには、理由があります。SSDは、確かに購入時は高速なのですが、使い続けていると速度が低下します。Trimに対応することで、これを防ぐことができるのではないかと期待されているのです。

というのも、NANDフラッシュメモリにおけるデータの記録は、消しゴムを使って紙に鉛筆で文字を書くようなものだからです。つまり、白紙のページにはすぐにデータを記録できますが、何かが書き込まれているところにデータを記録するためには、元あったデータを消さないと書き込みを行えません。ちょうど、紙に鉛筆で書いた文字を消しゴムで消して、新しい文字を書くのと同じイメージです。

ただ、この消すという作業に制限があります。SSDでは、同じ場所にデータを記録するときノートで言うところのページ全体を消去しなければならないことです。つまり、こういうことになります。SSDをノートに例えると、書き込みは、ノートの各ページ内に引かれた罫線を1行とした行単位。消去は、ノートの各ページ単位で行う必要があるということです。


Trimで送られてくる情報は、ノートでいうところの「何ページの何行目に書かれている内容は消去可能」というものです。これを受け取ることでSSDは、物理消去してすぐに記録出来る領域を事前に準備できるようになります。また、いつでも物理消去できる場所を知ることができるので、より効率的な内部管理を行える可能性もでてきます。これがTrimが期待されている理由です。

次回は、Trimの実際の効能をチェックした結果をレポートしたいと思います。

2009年12月15日火曜日

Opti Drive Speed 1.44について

ブログ、久しぶりの更新です。
さて、仕事で表題のソフトを使用する必要があり、使ってみると、なんとBDのベンチでエラーが発生する。内容は、Create Test DiscによるBD-Rメディアの記録速度の測定です。再外周部付近でエラーでていることがわかるのだが、このエラーの原因がどこにあるのかが問題。原因を切り分けないと先に勧めないので、調査をしてみました。

最終的にソフトバスアナを使ってコマンドログを取ってみたところ、ソフトのバグと判明。記録してはいけないところまでライトコマンドを送っており、それでドライブからエラーが返っていた。

いつのころからあるバグなのかは不明だが、同じ人が作ったNero DiscSpeedは、問題なく動作している。とっととお直して欲しいものです。

とりあえあず、今回は、Opti Drive Controlの使用をやめ、Neroの体験版をインストールすることで使用できるNero DisSpeedにソフトを変更することで対処することにしました。

光ディスクも終焉を迎えているためか話題性が乏しくなっております。
そのせいかソフトの対応もだんだんと・・・。
困ったものです。

2009年10月27日火曜日

Googleドキュメントのアクセス権

Google探検が続く毎日。
いい加減飽きてきたというのが本音です。

今日は、Googleドキュメントのチェックをしていて気づいたことです。
Googleドキュメントは、ドキュメントの共有ができるわけですが、何やら、Googleアカウントを取得しているだけだと不思議な動作をする事を発見しました。

というのは、Gmailのアドレスを取得しているかどうかで、共有したときの動きが変わるのです。

  1. ログイン必須の場合
    • Gmail取得ユーザー作成のフォルダ/ファイルは、Gmailなしユーザーは表示できない(別のアカウントでログインしろと怒られる。
    • Gmailなしユーザー作成のフォルダ/ファイルは、Gmail取得ユーザーは問題なくアクセスできる。
    • Gmail取得ユーザー同士はもちろん関係なく動作。

  2. ログイン不要の場合
    • どちらが作っても関係なし
上記のような感じになりました。
当初、Googleアカウントを取得すれば、それだけで何の制限もなく共有できると思っていたのですが、どうも違うようです。Googleドキュメントの共有でうまくいかない方は、ログイン不要の設定に変更すれば問題はでないはずです。

追記(2009/10/28)

その後、ログイン不要にすると、誰でも編集できる事が解りました。
考えてみれば当たり前のことで、ログインしなくて良いということは認証もできないわけですから、当然という感じでしょうか。
だとすると、Gmailも取得しないと、不便な事になるということになります。
本件については、再チェックしたいと思います。

2009年10月25日日曜日

携帯エミュレータ

ここのところ、仕事でGoogle探検が続いています。
もういい加減飽き飽きしているのですが、携帯電話の画面をどうしてもキャプチャする必要があり、何かないかと探したところ、FireMobileSimulatorなるFireFox用のプラグインアプリを発見。

かなりできが良く、今後も仕事で使えそうな感じなのでメモ。

2009年8月9日日曜日

TIPS1 VistaのUACをキャプチャする

マニュアルなどを執筆しているときにVistaのユーザーアカウント制御(UAC)の警告画面をキャプチャしたいときがある。
VMWare等を使えば確かにキャプチャできるがこれは、めんどくさいのでもっと簡単な方法がないかと調べたところ、以下の方法が見つかったのでメモ

[コントロールパネル]->[システムとメンテナンス]->[管理ツール]
->[ローカルセキュリティーポリシー]->[ローカルポリシー]
->[セキュリティオプション]
->[ユーザーアカウント制御:昇格のプロント時にセキュリティで保護されたデスクトップに切り替える]を無効に設定。

以上の設定で、通常のキャプチャソフト等を使用してこの画面のキャプチャが行える。

マニュアル等でキャプチャが必要な方は参考にしてください。

2009年7月29日水曜日

今日からスタート

ITライターをもう10年以上やっているが、実はブログの投稿は本日が初めて。
以前より、IDを取得し、何度もBlogでも書こうかなと思ったことはあったが、実際これまでは、投稿することは無かった。

突然始めた理由は簡単。

ついさっきのことだが、長年愛用してきたキーボードが壊れた(壊した!)から。
ただ、それだけ。

壊れたキーボードは、もう10年ほど使っていた。この数年は、湿気が多いときにバックスペースやエンターキーが戻らなくなることがあるなど、調子が悪かったのも事実。IBM製の高価なキーボードなので修理すればまだまだ使えるが、とりあえず、仕事が忙しいので、予備の同じキーボードに交換した。

ただ、やはり、10年も使うと愛着があるのも事実。
ちょっと感慨深くなって、記念にBlogの投稿をしてみたというわけだ。

全く同じキーボードに交換したが、やっぱり、しっくりこない。
現在のところは、違和感がある。
すぐになれると思うのだが。